エアトランクはスペースで契約する宅配型トランクルーム



エアトランクは宅配型トランクルームですが、ダンボール単位ではなくスペースで契約するのが特徴です。
そのため、少量から大量の荷物にまで幅広く対応できます。

また、集荷や配送は宅配業者ではなく、サービスクリエーターと呼ばれるエアトランクのスタッフが搬入搬出までを一貫して行ってくれます。
つまりエアトランクは、ネット上だけのやりとりではない、顔が見える宅配収納サービスなんです。

そのため対応エリアは今のところ(2019年3月)東京23区内と狭いですが、順次拡大予定となっています。
新しい情報が入り次第、当サイトでも順次紹介していきます。

更にエアトランクは、宅配型トランクルームなのに配送料が無料なんです!
他社の宅配型トランクルームでは配送料が逐一必要ですが、エアトランクは契約スペースごとに設けられた上限ダンボール個数までなら、無料で荷物を届けてもらえます。



こんな宅配型トランクルーム、エアトランク以外にありません。



今なら保管料が1ヶ月無料になるキャンペーン実施中です。
満足度92.5%のエアトランクへの申し込みはこちらをタップ。



エアトランクのサービス内容や料金プランを、これから詳しく紹介していきます。
エアトランクは、屋内型と宅配型のいいとこ取りをしたような、画期的な収納サービスです。
興味のある方は是非、チェックしてみてください。



エアトランクの料金プラン

エアトランクには、「スペース管理サービス」「ゴルフバッグ管理サービス」の2つがあります。
「スペース管理サービス」で契約していれば、「ゴルフバッグ管理サービス」は追加契約なしで利用できます。

どちらも初期費用や手数料は無料で、契約期間は3ヶ月からとなっています。
解約しない限りは、その後1ヶ月単位で自動更新されます。

では、それぞれの管理サービスについて、詳しくご案内していきます。

スペース管理サービス

エアトランクのスペース管理サービスは他社の宅配型トランクルームと違って、ダンボール単位ではなく広さを選んで契約します。

そのため、他社では預けられないようなアイテムも預けられるのが大きなメリットです。

  1. ゴルフバッグ
  2. スノーボード
  3. スキー板
  4. 子ども用自転車
  5. 車のタイヤ

他にも、ダンボールに入らなくても15kg以下で一辺の長さが160㎝以内であれば、預けられます。
この点も、他社の宅配型トランクルームにはない大きなメリットです。

月額保管料は、スペースの広さによって違います。
取り出し配送料は、各プランの上限までなら無料となっています。


スペース管理サービス料金表
畳数 月額料金
(税別)
サイズ
(横×奥×高)m
配送個数上限
ライトプラン
(段ボール限定3個まで)
1,000円 6個
0.2畳 5,800円 0.7×0.9×0.9 30個
0.5畳 8,800円 0.9×0.9×1.8 30個
0.7畳 11,800円 1.26×0.9×1.8 30個
1.0畳 14,800円 1.8×0.9×1.8 30個
1.5畳 19,800円 2.7×0.9×1.8 30個
2.0畳 24,800円 2.7×1.2×1.8 30個
2.5畳 29,800円 2.7×1.5×1.8 35個
3.0畳 34,800円 2.7×1.8×1.8 35個
3.5畳 39,800円 2.7×2.1×1.8 35個
4.0畳 44,800円 3.6×1.8×1.8 35個
4.5畳 49,800円 2.7×2.7×1.8 35個
5.0畳 54,800円 3.0×2.7×1.8 35個
6.0畳 64,800円 3.6×2.7×1.8 40個
7.0畳 74,800円 4.2×2.7×1.8 40個
8.0畳 84,800円 3.6×3.6×1.8 45個
9.0畳 94,800円 5.4×2.7×1.8 45個
10畳 104,800円 6.0×2.7×1.8 50個

対応エリアは東京23区内ですが、対応エリア外への配送も可能です。
その場合は、別途配送料が必要になります。


スペース管理サービスの利用の流れ

契約から初回預け入れまでの流れ

  1. プラン(広さ)を選択

  2. 預けるアイテムを選択

  3. 集荷日を選択

  4. 住所氏名等や支払い情報の入力



取り出しの流れ

  1. マイページにログイン

  2. 取り出す荷物を選択

  3. 配送希望日を選択



エアトランクは、配送業者ではなくサービスクリエーターによって配送されます。
配送時間は、平日は10時から20時、土日祝日は10時から18時までとなっています。
また、毎週水曜日、ゴールデンウィーク、年末年始は休業日となっていて、臨時休業する日もあります。
配送場所は、オプションにはなりますが、全国への発送も可能です。



エアトランクで契約する際に悩みがちなのが、プラン選びではないでしょうか。
どの広さで契約すればいいかって、なかなかピンと来ませんよね?
でも安心してください。
エアトランクには、最適プランが選べるシミュレーターが用意されています。
申し込みページのシミュレーターでアイテムを選択するだけでOKなので、ちょうどいいサイズで契約できます。
ちなみに預けられる量は、荷物の占有率80%までです。
荷物1点の上限は、15kg以内で一辺の長さが160㎝以内です。



エアトランク シミュレーター 画像



エアトランクに申し込む


ゴルフバッグ管理サービス

エアトランクでは、他の宅配型トランクルームでは預けられないゴルフバッグだって預けられます。
配送で届けてもらえるので、ゴルフ場まで重いバッグを担いでいく必要がありませんし、持って帰る必要もなくなります。

エアトランクではゴルフバッグ管理サービス単体でも利用でき、月額保管料はバッグ1つで1,800円(税別)です。
預けられるゴルフバッグのサイズは7号から9.5号までで、1契約でシューズ1足保管できます。

申し込める方は関東全域に限られますが、ゴルフ場への配送は全国対応です。
というのも、ゴルフバッグ管理サービスの配送は宅配業者が行うからで、配送料は実費となっています。
エアトランクが行うサービス内容としては、「ゴルフバッグの保管」「配送手配と伝票作成」「配送専用カバーの準備」「クラブの検品と簡易掃除」です。

ちなみに、スペース管理サービスで契約していても、ゴルフバッグを預けていれば追加料金なしで利用できます。

ゴルフバッグ管理サービスの使い方

  1. マイページの取り出し依頼からゴルフバッグを選択

    取り出す際は「片道」か「往復」が選択可。
    「往復」を選べば、エアトランクの倉庫まで届けてもらえます。

  2. プレー日を入力

    プレー日前日に届くように手配されます。
    取り出し依頼は、日付に余裕を持って申請しましょう。

    中2日必要な地域:関東、信越、北陸、南東北
    中3日必要な地域:関西、北東北、中国、四国、沖縄(航空便のみ)
    中4日必要な地域:九州、北海道

  3. 配送先を選択

  4. ゴルフ場を入力



プレー終了後に倉庫に配送されたゴルフバッグは検品され、破損や紛失がないか確認されたあと、汚れを拭き取ってから再度保管されます。


エアトランクでの保管について

エアトランクでは、預かった荷物を倉庫で保管しています。
屋外型トランクルームのコンテナボックスとは違いますし、屋内型トランクルームのビルの一室とも違います。
どんな感じで保管されるのかって、気になりますよね?

そこでここでは、保管環境や保証などはどうなっているのかをご案内します

エアトランクの保管環境

エアトランクでは、荷物の出し入れは専門スタッフのみが行います。
部外者が立ち入らないようにするための措置で、有人管理と警備会社の多重セキュリティーシステムによって荷物が守られています。

エアトランクでの保管は、アパレル専門で30年以上も実績のあるOTS社が担当しています。
厳格な管理を求められる分野で実績のある会社なので、最高水準の品質で保管してもらえます。

温度と湿度は24時間365日毎日2回のチェックが行われ、カビが発生しにくい環境が常に保たれています。
温度は10℃から28℃、湿度は40%から65%にコントロールされています。
お気に入りの服や思い出の写真も、傷みを気にすることなく安心して預けられます。

また、耐震性の高い倉庫でもあるので、大事なものの保管にも適しています。

万が一の場合の保証

万全なセキュリティで荷物を保管しれくれるエアトランクですが、万が一がないとは限りません。
そんな時のために、保証も用意されています。

お預かり中の荷物の保証につきましては寄託価額を基に対応いたします。寄託価額とは、寄託(保管するために預ける行為)する荷物の相当金額です。(上限10万円)但し、保管中の荷物に万一の事故が発生した場合など火災保険等で保証できる金額の上限(時価額)となり、サービス毎に寄託価額が設定されています。詳しくは「利用規約」をご確認ください。

例えば火災等で灰になった荷物が戻ってくるわけではありませんが、保証があるのとないのとでは大違いです。
火災保険に加入しているだけでも、真摯な姿勢が伝わってきます。

エアトランクで預けられないもの

エアトランクでは、他社の宅配型トランクルームでは預けられないサイズのモノでも預けられますが、貴重品や危険物が預けられないのは同じです。
以下の物は、預けられません。

  1. 現金、有価証券、通帳、切手、印紙、証書、重要書類、印鑑、クレジットカード、キャッシュカード類
  2. 易損品
  3. 磁気を発し、その他の保管品に影響を与える物品
  4. 灯油、ガソリン、ガスボンベ、マッチ、ライター、塗料等の可燃物
  5. 農薬、劇薬、火薬、毒物、科学薬品、放射性物質等の危険物または劇物
  6. 食品、動物、植物(種子、苗を含む)
  7. 液体物
  8. 異臭、悪臭を発するまたは発するおそれのある物品
  9. 廃棄物
  10. 法令により所持を禁止されている物品

これも、預かった荷物を安全に保管するために必要な対応です。

エアトランクのコンシェルジュサービス

エアトランクには、コンシェルジュサービスというオプションサービスが用意されています。

オプションサービスを利用する場合は、配送依頼や集荷依頼の段階で、利用したいオプションを選択するだけでOKです。

保管以外にどんなサービスが用意されているのかをご案内します。

クリーニングサービス

クリーニングサービスは専門業者によるクリーニングで、衣類や布団をきれいにしてもらえます。
素材や生地の状態をチェックした上で、ドライクリーニングやウェットクリーニングなど最適な方法で洗浄してくれます。
また、シミがある場合でもできる限り無料の範囲内で対応してもらえます。

乾燥方法も衣類に合わせた方法が採られ、傷まないように配慮してくれます。
最後は人の手と目でしっかり確認され、一点一点丁寧に仕上げてもらえます。

衣類を預けてクリーニングしてもらいたい時は、集荷依頼の際にクリーニングサービスを選択しておきます。

ただし、対象外の衣類もあるので確認しておきましょう。

    ■クリーニングサービス利用不可のモノ

  1. 皮革・毛皮
  2. 着物・和服類
  3. 肌着・下着類
  4. 帽子・ドレスなど輸送中に型崩れが危惧されるもの
  5. 乾いていない衣類
    (輸送中にカビ、においが付く恐れがあるため)
  6. 洗濯表示の付いてないもの
    洗濯不可のもの
  7. 破れ・破損などがある衣類
  8. スパンコール、ビーズなどの多い衣類
  9. その他、クリーニング不可能と判断された場合
    ■クリーニング不可もしくは追加料金が発生するアイテム

  1. モンクレール
  2. マッキントッシュ
  3. デュベティカ
  4. ロエベ等の皮革製品
  5. シャネル、エルメス等の高級ブランド品
  6. 上記以外の高級ブランド品と同等に扱う必要のある衣類
  7. 動物性の毛皮を使用している衣類(フードファー含む)
  8. 衣類洗濯タグが全て「不可」となっている衣類
  9. その他、通常ドライクリーニングにより品質劣化を招くと判断された場合

ハンガー保管サービス

ハンガー保管サービスは、1台月額800円(税抜)で利用できます。
専用ハンガーラックで10着まで洋服を掛けることができますが、クリーニング済みの服が対象で、ハンガーは自分で用意しなければいけません。

コートやスーツなど、シワが気になる衣類の保管に是非使いたいオプションサービスです。

全国発送サービス

エアトランクの対応エリアは東京23区内のみですが、全国発送サービスを利用すれば、配送先を自宅以外にも指定できます。

1梱包あたり500円と実費の配送料がかかりますが、利便性は格段に高まります。
旅行や出張の際に使いたいオプションサービスです。

買取り・処分サービス

売りたいものや処分したいものがある場合は、エアトランクと提携している専門業者(エコランド)に査定や処分を依頼できます。
買取の場合はオプション利用料はかかりませんし、もしかしたら月額保管料の足しになるかもしれません。
もちろん、査定金額に納得できなければ、売らなくても構いません。
処分してもらう場合は、提携しているエコランドへの料金が発生します。

撮影サービス

エアトランクでは、箱の中に荷物を入れて預ける場合は箱単位の撮影となり、アイテム1点ずつの写真撮影はありません。

箱の中のアイテム1点1点を撮影してもらいたい場合は、有料オプションとなります。
1点200円(税抜)で、最低5点からオプションの撮影サービスを利用できます。

エアトランクのメリットとデメリット

エアトランクのサービス内容や料金プランを詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか。
最後にここで、エアトランクのメリットとデメリットをそれぞれまとめておきます。

    ■エアトランクのメリット

  1. 荷物量に合わせたスペースで契約できる
  2. 顔が見える宅配収納サービス
  3. 配送料が無料
  4. ゴルフバッグやスノーボード等もOK
  5. 保管以外のオプションサービス有
    ■エアトランクのデメリット

  1. 東京23区内にお住まいの方しか利用できない
    (ゴルフバッグ管理サービスは関東全域)
  2. 配送してもらえない休業日がある
    (ゴルフバッグは宅配業者なのでなし)

エアトランクの最大のデメリットは対応エリアですが、全国発送オプションのおかげで不便さはまったく感じません。
もちろん実費はかかりますが、配送先は自宅が大半で、全国発送を頻繁に利用する機会はそれほど多くないはずです。

他社の宅配型トランクルームでは取り出しのたびに料金がかかります。
エアトランクでは一定数までとはいえ、取り出し配送料が無料なのは、大きなメリットです。
次のような人は是非、エアトランクを使ってみてはいかがでしょうか?

    ■エアトランクがおすすめな方

  1. 東京23区内にお住まいの方
  2. 荷物の搬入搬出が面倒な方
  3. 車や免許証をお持ちでない方
  4. 近くにトランクルームがない方
  5. ゴルフが趣味の方



エアトランクに申し込む