バイク用トランクルームでおすすめのコンテナ会社



「バイク用のトランクルームってどんな感じ?」



トランクルームの中にはバイク用に改造されたモノもあり、駐車場がなくて困っているライダーの方たちに人気です。
この記事では、バイク用トランクルームの概要からおすすめのコンテナ会社さんまでを紹介しています。


タップ(クリック)して今すぐチェック!

バイク用トランクルームでおすすめのコンテナ会社にジャンプ



バイクの駐車スペースって、結構悩みませんか?

盗難やいたずらや野ざらしによるダメージなどは、絶対に避けたいですよね?
無神経に隙間なく自転車を真横に突っ込まれる駐輪場には、例え屋根付きであってもとめたくはありません。

そもそも、バイクをとめられる保管場所すら用意されていないアパートやマンションだってよくあります。
マンションの駐輪場には、排気量制限が設けられていたりもします。
例えば、原付はOKでも125cc以上(小型自動二輪車や普通自動二輪車)はNGだったりなど、マンション管理組合の管理規約で、バイクの駐車が制限されていたり入居後に変更されたりします。

また、アパートの場合は大家さんが認めていないケースもあります。



こんな背景もあって、バイクの駐車に関しては以下のような経験をされた方も多いようです。

  1. 駐輪場にとめていたら駐車禁止の警告をされた
  2. 原付からバイクに買い換えたら駐車場代を請求された
  3. バイク用の駐車場があるアパートやマンションが見つからない

今まさにあなたが直面しているように、安心できるバイクの駐車場確保にたくさんのライダーが四苦八苦しています。
バイクの駐車場難民って、実は意外に多いのが現実なんです。



そんなバイクの駐車場難民の方たちに、是非知っておいてもらいたいおすすめのサービスがあります。

それが、『バイク用トランクルーム』です!


バイク用トランクルームとは

バイク用トランクルーム 画像

『バイク用トランクルーム』とはバイク専用の大きくて頑丈な箱(コンテナ)で、月極駐車場と同じように借りられます。

バイクがすっぽり収納できて、大型バイクに対応したサイズも用意されています。
トランクルーム内にはヘルメットなどの小物用の棚が完備されていたりなど、使いやすく作られています。
また、鍵付きのシャッターや扉で他人は中に入れないので、防犯面のセキュリティも万全です。
バイクを出し入れする際のスロープを、無料で貸し出しているところもあります。

「バイク用トランクルーム」は他にも、「バイクヤード」「バイクコンテナ」「バイク用ガレージ」などの呼び方もされますが、すべて同じ意味です。ここでは「バイク用トランクルーム」と表記しています。

また、バイク用でなくても充分な広ささえあれば、荷物用のトランクルーム(コンテナ)にもバイクを保管できます。

バイク用トランクルームが人気なわけ

バイクをトランクルームに保管するライダーがどんどん増えていますが、その理由は、以下の5つのメリットがあるからです。

  1. 盗難やいたずらに遭う心配がない
  2. 鍵付きでトランクルームの中には契約者しか入れないので、愛車をしっかり保管できます。
    また、敷地内に防犯カメラを設置している会社もあります。
  3. 雨や風によるダメージを受けない
  4. トランクルームは頑丈なコンテナなので、台風の日だって安心です。
    転倒の心配もありませんし、何かが飛んできて破損する心配もありません。
  5. 自分のバイクだけのスペースを確保できる
  6. 大勢が利用する駐輪場と違って、バイク用トランクルームは自分のバイクだけの専用スペースです。
    隣の自転車との距離感で悩まされることは、もうなくなります。
  7. アパートやマンションの利用規約に影響されない
  8. アパートやマンションでのバイクの駐車は、利用規約で制限されがちです。
    また、入居当時の規約が変更されれば、バイクを駐車できなくなるリスクもあります。
    ですが、バイク用トランクルームならそんな心配は無用です。
  9. バイク用トランクルームは想像以上に供給されている
  10. バイク用トランクルームは馴染みが薄いかもしれませんが、実は探せば意外に見つかるものです。
    近所に拠点がいくつもあるかもしれませんし、1つの拠点には複数のコンテナが設置されています。



ライダー 01の似顔絵

ずっと欲しかったバイクをようやく買うことになったのですが、バイクに詳しい友人に話を聞くとマンションや周辺の駐車場に置けるかどうか調べておいた方が良いと言われました。
調べてみたのですが、マンションも近くの駐車場も置き場がなかったため、コンテナを借りることにしました。
初めて高いお金を出して買うバイクでもありますし、防犯も兼ねて大変コンテナを重宝しています。

編集部「サトル」

バイクがとめられないマンションが多いって、実は結構盲点です。
納車前に保管場所が確保できて良かったですね!


バイク用トランクルームのチェックポイント

ガレージに入ったバイク

バイクの駐車スペースとしておすすめなバイク用トランクルーム。
借りるにはコンテナ会社さんとの契約が必要ですが、その前に是非知っておいてほしいチェックポイントがあります。

そこで今回の記事では、「バイク用トランクルーム」を契約する前の5つのチェックポイントをお教えします!
ここでは、荷物用のコンテナで代用する場合も含めて、「バイク用トランクルーム」としてお話ししていきます。

    ■「バイク用トランクルーム」を契約する前の5つのチェックポイント

  1. 自宅からの距離
  2. 例えば通勤で毎日バイクを使うなら、自宅からバイク用トランクルームまでの距離はとても重要です。
    近ければ近いほど便利ですが、なければ自転車で通える程度の範囲内で探すといいでしょう。
    そうすれば、自転車で出かけてバイクに乗り換えて出勤、という使い方もできます。
  3. コンテナのサイズ
  4. 各コンテナ会社さんのホームページではコンテナサイズが記載されていますが、実は大抵外寸だったりします。
    選ぶ際には、内寸を基準にチェックすべきです。
    最悪の場合、バイクの出し入れができないなんて状況もあり得るからです。
    契約前に下見(内覧)ができたり、実際にバイクの出し入れを確認できるコンテナ会社さんもあります。
    物件によっては下見不可となっていても、問い合わせで対応してくるケースもあります。

    コンテナサイズのチェックの際に必要なのが自分のバイクのサイズですが、こちらは実際に測らなくても、ネットで「バイク名 サイズ」などで簡単に分かります。
    必要なサイズは、全長・全幅・全高です。

    特に重要なのが全幅で、チェックする際には自分の肩幅をプラスして考えるべきです。
    なぜなら、バイクの出し入れは自分でするからです。
    また、バイク用品のための棚を置きたい場合は、更にそれだけのスペースが必要になります。

    全高は、ヘルメットをかぶった状態での自分の身長を基準にするといいでしょう。

    バイク用トランクルームにはコンパクトな1.5畳サイズもありますが、以上のことをチェックすると、最低でも2畳サイズは必要になるケースが多いようです。

    あくまでも理想ですが、一番いいのは下見で実際にバイクを出し入れさせてもらうことです。

  5. 設置場所
  6. バイク用トランクルームが、どんな場所にどんな風に設置されているのかも重要です。
    バイク用トランクルームには地面との段差があるので、出し入れにはスロープが必要です。
    段差は当然低い方が、バイクの出し入れはしやすくなります

    もしも水平ではなかったら、スロープが不安定になって転倒の危険性もあります。
    また、正面には充分なスペースが必要です。
    最低でもスロープとバイクの全長分(4m以上)のスペースがなければ、バイクの出し入れがとてもしづらくなってしまうからです。

  7. 設備
  8. バイク専用となっているトランクルームの場合なら、大抵はヘルメット置き場などが備え付けられています。
    中には、チェーンロックでバイクと床をつなげられるように、アイボルトが設置された防犯意識の高いモノも見られます。
    シャッターや扉の鍵も様々で、特殊仕様の頑丈で強固なキーロックだったり、ピッキング対策に威力を発揮するディンプルキーが採用されていたりもします。
    また、場内には防犯カメラが設置されていたりもします。

    大抵は場内に照明も設置されていますが、夜間にバイクを出し入れする際には、各自で照明を用意する必要があるかもしれません。
    ちなみに各自で用意する照明は、コンセント不要で室内を傷つけないモノでなければいけません。

  9. 割引キャンペーン
  10. バイク用トランクルームを借りるには、毎月のレンタル料金だけでなく、初期費用も必要です。
    コンテナ会社さんによっては、初期費用無料などの割引キャンペーンも実施されています。
    割引だけで選ぶのはおすすめしませんが、ひとつの選択肢ではあります。
    割引キャンペーンは物件ごとに設定されていたり、内容が違ったりするので、必ず物件ごとに確認しましょう。

この5つのポイントを軸に「バイク用トランクルーム」を選べば、安心してバイクを保管できるはずです。

いかがですか?
一見ただのコンテナにしか見えない「バイク用トランクルーム」ですが、利用するにあたっては、実はチェックすべきポイントはあるものです。

というわけでここからは、「バイク用トランクルーム」でおすすめのコンテナ会社さんを紹介していきます!

バイク用トランクルームでおすすめのコンテナ会社

バイク用トランクルームでおすすめのコンテナ会社さんを紹介していきますが、物件によっては「バイク専用」ではなかったり、「コンテナ」ではない場合も見られます。
「屋外型トランクルーム」や「屋外ライン型」というパターンもあるので、各物件での確認は必須です。

加瀬のレンタルボックス

加瀬倉庫のバイクヤード

加瀬のレンタルボックスは、バイク専用だけでも4タイプから選べる充実ぶり。
いずれもバイク専用なので、充分なスペースが確保されている。
全国展開していて物件数が多い。

拠点数:全国1,300ヶ所(65,000室以上)
タイプ:「コンテナ(バイク型)」「個別収納型」「屋外ライン型」「屋内共同型」
下見:不可(物件によっては可)
割引キャンペーン:スロープの無料貸し出し、最大1年間使用料半額



スペースプラス

スペースプラスのバイクコンテナ

スペースプラスは、バイク専用コンテナのレンタルだけでなく製造販売もしている会社。
そのため、より利便性の高い新型コンテナを利用できるのがメリット。
新型コンテナには、棚板の設置はもちろん、軽くて丈夫なアルミ製のシャッター、防犯性の高いディンプルキー、バイクを固定できるアイボルト、スロープなどが標準装備されている。

拠点数:非公開のため不明。関東・中部・近畿に多め。
タイプ:バイク専用コンテナ
下見:可(物件によっては不可)
割引キャンペーン:現在未実施の模様



ドッとあ~る

ドッとあ~るのバイク用ガレージ

ドッとあ~るではバイク用ガレージは少数ながら、ほぼ全店舗でバイク収納が可能な屋外型トランクルームを設置。物件探しの際には「屋外」でしか検索できない。
ただし、実際にバイクを収納して確認できるので、安心して契約できる。
まずはお問い合わせから。

拠点数:不明(13,000室以上)
タイプ:「バイク用ガレージ」「屋外型トランクルーム」
下見:お試し収納可(物件によっては不可)
割引キャンペーン:6ヶ月分の賃料半額+初期費用最大2ヶ月分相当の割引



ハローストレージ

ハローストレージのバイク用トランクルーム

ハローストレージは、物件数の多さもさることながら、検索しやすくて使いやすいのも特徴。
「エリア」「タイプ」「月額賃金」「広さ」「キーワード」を指定しての物件検索が可能。
電話予約すれば事前内覧が可能なのもおすすめ。
バイク収納可のトランクルームだけでも、首都圏を中心に約70拠点で展開。

拠点数:全国1,200ヶ所(82,000室以上)
タイプ:「バイク専用トランクルーム」「屋外型トランクルーム」
下見:電話予約後に可能
割引キャンペーン:WEB申込みで1,000円割引、最大6ヶ月半額キャンペーン


ハローストレージで探す

まとめ

いかがでしたか?
バイク用トランクルームなら、駐車スペ-スを確保できるだけでなく、愛車を大切に保管できそうじゃないですか?

バイク用トランクルームは、駐車場難民になっているライダーたちの強い味方になってくれるはずです。