サマリーポケットには預けられないものがあるので事前に要チェック!



サマリーポケットには預けられないものがあるって、ご存知ですか?
サマリーポケットは宅配収納サービスなので、ダンボールに入らないモノはそもそも預けられません。
スノーボードやスキー、スタッドレスタイヤなどは、サイズが理由でサマリーポケットには預けられません。
また、ダンボールに入るモノでも、「貴重品」「危険物」など預けられないものがあります。

ここではこのような、ダンボールに入っても「預けられないもの」は何なのかを、具体的にご案内しています。
ボックスを取り寄せる前に、必ず確認しておきましょう。

  1. 貴重品
  2. 現金、有価証券、通帳、切手、印紙、証書、重要書類、印鑑、クレジットカード、キャッシュカード類
  3. 壊れやすいもの
  4. 精密機器、ガラス製品、陶磁器、仏壇等
  5. 磁気を発するもの
  6. 可燃物
  7. 灯油、ガソリン、ガスボンベ、マッチ、ライター、塗料等
  8. 危険物や劇物
  9. 農薬、劇薬、火薬、毒物、科学薬品、放射性物質等
  10. 食品・動植物
  11. 種子、苗を含む
  12. 液体
  13. 異臭や悪臭を発するもの
  14. 廃棄物
  15. 法令によって所持が禁止されているもの
  16. 公序良俗に反するもの



もしも預けられないものを送ってしまうと、送料着払いで返送されます。
また、サマリーポケットでは荷物の検品をしっかり行っているので、『バレないだろう』は通用しません。

サマリーポケットで預けられないものが指定されているのは、自分の荷物はもちろん、たくさんの方々の荷物の保管環境を維持するためです。
サマリーポケットの高品質な保管環境は、利用者ひとりひとりのマナーによっても支えられているわけです。

預けられない物の確認ができたら、「ボックスの取り寄せ」「集荷」「取り出し」までの流れもチェックしておきましょう。